草刈り

  • カテゴリー: 作業

夏の大事な仕事の一つ。しかも重労働。

刈っても刈っても、すぐにはびこってくるので、頻繁に刈らないといけないし…かなり大変。

 

 Before

 

 After

 

機械が入って行ける所はいいけど、畝間や斜面などは刈り払い機(路肩などの除草作業でよく見かける、あの機械)で刈る。

畑に入れない雨の日などに、作業するようにしている。少しでも涼しい時に。

 

 

除草剤を使えば、かなり楽。使う人の気持ちも分からなくはない。

でも、それには発がん性がある物(ラウンドアップなど)もある。

アメリカでは、ガンを発病した人がメーカー(モンサント社)を相手取って裁判を起こし、勝訴している。320億円の賠償金というから、すごい事だ。

自然農法を広める私たちにとっては、歴史的な判決、と言える。

ただ、この事が日本でほとんど知られていないのは、とても危険だと思う。

ラウンドアップは、農家だけじゃなく、庭などにも広く使われている除草剤。

多くの人が「知らずに危ない薬品を使っている」という事だから。

詳細はこちら

防除ヘリ

  • カテゴリー: 日常

今年も、隣の田んぼで農薬散布のヘリが飛んだ。

 

ただ、例年だと2回散布するのが、今年は1回きりで済んだ。

 

それにしても、なぜ「ヘリによる防除」にこだわるのか分からない。

一般栽培でも、ほとんどの人は、田植え前の苗のうちに1回だけ使う粒剤で、十分な収量をあげている。農薬飛散の心配も無い。

それに、ヘリは費用が高くつく。

現に、ウチの周辺でヘリの利用をしているのは、1件きり。

 

ヘリによる散布は、共済組合がする。

ヘリの購入代金を回収するまでは、やめられない事情があるらしいけど、その共済組合の関係者が、ヘリを利用していないと言うから、おかしな話だ。

 

 

飛散が無いかどうか、立ち会わないといけないが面倒臭い。

やめてくれないかなあ。

詳細はこちら

城下町と市場

  • カテゴリー: 日常

先週、直売のイベントに参加した。

次回、場所を「グランツたけた」に移して開催するための「前座」的なもの。

 

私たちが出店したブースは、農産物の生産者仲間のところ。

ただ、ウチは丁度、出せる物の時期が合わず、アイスだけ出品した。

 

 

食事が出来るブースもあった。

お昼はここの料理で済ませた。美味しかった!

 

 

 

八百屋さんの目の前で野菜の直売をする、というのは…どうなんだ?と思ったけど、お客さんには、選択肢が増えて良かったかも。

この八百屋さんは、昔ながらの形で運営されていて、個人の注文でも、1個2個の少ない数でも配達してくれる。

私たちの住む荻町には、移動スーパーがあるけど、お年寄りの多い地区にはありがたいサービス。

 

 

今回、私たちのブースに出品された野菜は10数品目。スーパーの品揃えには遠く及ばない。

お客さんから見れば、1箇所で色々揃う方がいいのだから、委託販売型の直売所は、有機や自然栽培の農家にとって、いいシステムだし必要と思う。

 

また、更にありがたいことに、消費者の食べ物の安全性に対する意識は高まっている。

大きなきっかけは、原発事故。

甚大な被害を出しているけど、皆の関心が高まったのは良いこと。

この流れを途絶えさせないよう、努力していかないといけない。

余談だけど、私たちは原発反対の活動をしている。でも、極々微力。

 

 

 

~おまけ~

出店場所の近くにあった、消火栓のフタ。消防車の絵が気に入った。

 

そして、売台の足の金具。笑っている~。可愛い。

 

詳細はこちら

Tierheim完成

  • カテゴリー: 作業

 

本体を建てた後、ニンジンの潅水だのコーンの収穫だので、外壁は延び延びになっていた。

一段落して再開。1週間掛かって、ようやく完成した。

 

旧小屋のパレットは使い切ってしまったので、新たに貰ってきた。

いっぱい貰えて、半分くらい余っている。

 

壁を立てるのは比較的簡単。

所々にハウスのポールを支柱に使い、倒れないようにするだけ。

 

出入り口のドアは、予定していた資材が、部品が無くて使えず、パレットを使うことにした。

 

捨てずにおいた物置きの鉄板が、ドアのレールになって役に立った。

コロが付いていても、パレットそのものが重いので、開け閉めに少し力が必要。

 

一番手こずった、こだわった所は「トンネル」。

外壁と土間の間の通路を、犬が横切って通れるようにした。

人間は通路を通る時、このトンネルを乗り越えていく。陸橋の形になっている。

犬たちは、すぐにトンネルを理解して、土間に入り浸っている。

妻・元子は、「暑くないかなあ?」と心配しながらも、すぐ近くに犬が来てくれることをすごく喜んでいる。

 

*内部の様子は、6週前の記事「Tierheim」を見てね!

詳細はこちら

秋作

  • カテゴリー: 野菜たち

収穫後のスィートコーンの殻を、ハンマーナイフで砕く。

細かく砕くほど、土に馴染みやすくなる。

 

ここに米ぬかをふり、ロータリーをかける。

ロータリーは4~5日おきに3~4回繰り返す。

次第にコーンの殻や雑草の形が無くなり、発酵して土に還っていく。

 

 

野菜は種まきから収穫までに2~3ヶ月掛かる。その前の土作りなどの準備に1ヶ月強。

今は夏真っ盛りでも、畑はもう秋作が始まっている。

先週はニンジンを植えたし、さて次、ここには何を植えようか。ほうれん草がいいかなあ。

詳細はこちら

最新記事

カテゴリー一覧