ニンジン種まき 続き

  • カテゴリー: 野菜たち

人参は10月から2月まで収穫する。

その種播きは、7月下旬から8月下旬まで、3回に分けて播く。一度にどっさり出来ても、収穫が追いつかないから。

 

雨が降らず、1回目は潅水をした。(7月26日付記事「ニンジン種まき」参照)

しっかり根を張って、本葉もいっぱい出てきている。

 

 

2回目は夕立が来て、潅水せずに済んだが、発芽後の雨不足で欠株になった。

イケると思ったが、降水量が意外と少なかった。失敗だった。

やっと本葉が出始め、見た感じは頼りなさげだけど、これで結構ちゃんと大きくなっていく。

 

 

3回目、台風の影響で十分雨が降ったので、潅水は必要なかった。

もう3~4日もすれば芽が出てくるだろう。

 

 

 

今回は、草押えに使ったマルチの効果が薄かった。

下は草ボーボー。

雨不足の乾燥のせいで、マルチが地面に密着しにくかった事が、主な原因。

こんな事にも、雨不足の影響があるのだ。

 

マルチを片付けて、鍬で根元をこさいで除草し、新たにシート敷いた。

 

 

ただシートは1本しか無く、敷いてない所が多い。そこは、また後で除草する必要がある。

作物を植えている限り、除草は続く。

前回のブログにも書いたけど、それは大変な作業。

でも「安全第一」で、手は抜かない。

このカテゴリーの新着記事

最新記事

カテゴリー一覧